約半年ぶりの更新ですが…いろいろ変化ありました

スポンサーリンク

前回の更新が昨年12月だったとは…。いろいろありすぎてPCに向かう時間と気力がありませんでしたが(汗)、それもやっと終わったような感じです。

スポンサーリンク

母がサ高住に入居

まず、母のことですが、あっという間に「サービス付き高齢者住宅」への入居が決まり、即引っ越し。なんとかかんとか新しい生活にも慣れてはきているようですが、そのかわりこっち(私)の出番が必然的に多くなって、なんだかなぁ~という気持ちが沸きつつあります。

支援が必要なのはわかるのですが、親が子に依存する気持ちが大きくなっているような気がします。まぁ歳のことを考えたら当然ですけどね。こっちにはこっちの都合ってもんがあるんじゃわ…と言いたくなる気持ちを抑えているとなんかモヤモヤが募ります。

息子が支援学校高等部に入学

こちらも大きな変化ありです。無事、支援学校の高等部の受験を終え、中学を卒業し、娘と同じバスに乗って、高等部へ通学をしています。中学と大きく変わることは、「宿題が出ない」です!

たぶん、生徒によって宿題があるなし変わってくるのでしょうが、うちの息子はとくに宿題を出されることはなく、週2回はデイサービスに迎えにきてもらい、週3日はバス下校で私がバス停まで迎えに行き、ただひたすらだらだらしています…。これでいいのか?と思う気持ちもありますが、まぁ余力なしなので良しとします。そのかわり学校でちゃんと就業に向けた学習をしてもらえれば…。

実家を売却、そして撤去工事へ

置いておいてもしかたがないので、母の希望もあり実家を売却する話は以前から出ていました。ただ、買主の問題が少々ありすこし時間はかかったのですが、無事その点もクリアーとなり、トントンと話が進み、もう撤去工事が始まっています。この時間にもどんどん壊されているのだろうと思うと、やはり予想はしていましたが、気持ち的に苦しいですね。私にとっての実家とは決して楽しい思い出にあふれているものではありませんでしたが(むしろ辛い悲しい記憶の象徴でもあるかも)、実家がそこにないという瞬間にこれから立ち向かうと思うと勇気がでません。なぜだろうと自分でも思うのですが。

母の弟もサ高住に入居した

母がサ高住に入ったんだよと兄弟たちに連絡をしていたところ、母の弟も独身なので今のマンションを出てそういうところに入りたいと相談されたそうです。同じマンションで独居老人が孤独死されたことをきっかけに何となく居づらい空気があったそうで…。

かなり預貯金があるみたいだったのですが(母談)、都内の一等地のものすごい豪華な老人ホームに入居がきまり(事前審査楽々クリア)サッと引っ越しを済ませたようです。パンフレット見て目が飛び出そうになるくらいの高級ホームです。羨ましい…。

そんなこんなで、ブログ更新もぼちぼち進めていきたいと思ってます!特に手続きお金制度…いろいろと備忘的なことがこの半年の間にありすぎたので。

にほんブログ村 介護ブログ 有料老人ホームへ にほんブログ村 子育てブログ 二人以上障がい児育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました